有馬ベルト工業 株式会社

HACCP,産業用ベルト,ソレノイド,などの販売、食品機器の製作|有馬ベルト工業株式会社

ご相談・ご用命 お問い合わせはこちら

 

伝導用リスト
一般産業用Vベルト
軽負荷用Vベルト
結合型Vベルト
タイミングベルト
平型ベルト
丸型ベルト
コンベアベルト
樹脂製コンベアベルト
樹脂製ネットコンベアベルト
ゴム製コンベアベルト
金属製ネットコンベアベルト
特定用途用コンベアベルト
各種成形品・メカユニット
AC/DCギヤードモーター
ソレノイド
オープンフレームソレノイド
フラッパーソレノイド
DCソレノイドバルブ
キープソレノイド
ブッシュ/プルソレノイド
無音ソレノイド
チューブラソレノイド
ロータリーソレノイド
ACソレノイド(標準品)
ACソレノイド(カスタム品)
PMステッピングモーター
比例バルブ
電磁スクラッチ
スプリングククラッチ
ステッピングクラッチ
ソレノイドユニット組み立て
金属・樹脂加工
金属加工
樹脂加工
テフロン樹脂加工
各種ホース
脱塩ビホース
一般サクション・デリバリーホース
耐圧・耐磨耗ホース
食品用ホース
その他ホース
接着剤
両面テープタイプフロント#101
Gペット接着剤フロント#103P
瞬間接着剤フロント
#105#105G#107
光硬化接着剤フロントライト
スイッチング電源
ハイパワースイッチング電源
基板型スイッチング電源
ユニット型電源
DINレール型スイッチング電源
DC-DCコンバーター
AC-DC電源アダプター
HACCP対策製品・その他
食品機械用潤滑剤
食品機械用コンベアベルト
食品機械用(搬送用)ホース
その他取扱製品
スパイラル&スペシャルマシーン ベルティングマシーン
ベルト簡易脱着式ストレートコンベアー
ボルダ調理用コンベアー
青果選別検査用ベルトコンベアー
丸ベルトサニタリーコンベアー
丸ベルトサニタリーカーブコンベアー
樹脂メッシュベルト
プラスチックスモジュールベルト
餃子整列サニタリーコンベアー
現場ベルトエンドレス
スパイラルコンベアー
バーチカルコンベアー
乾燥装置
カーブコンベアー
ワイヤーネットベルト&バランスネットベルトマシーン
ワイヤーネットストレートコンベアー
ワイヤーネット90°カーブコンベアー
ワイヤーネット180°カーブコンベアー
ワイヤーネットダブラーコンベアー
ワイヤーベルトの豊富なラインアップ
ワイヤーネット式シャトルコンベアー
プラスチックベルト式テールレスシャトルコンベアー
ワイヤーネット拡散コンベアー
チェーン付ワイヤーベルト
ダブルバランス型
フラットワイヤーベルト
ワイヤーバーベルト
固定ダブル直線補強型
REUSE -ステンレスタンク再生システムでコストダウン
有馬ベルト推奨タンク再生システム
製品資料はこちら
特急プーリ作成1本から製作致します
テフロンが接着できる!#FRONT series
圧力計のコストダウンANSI B40.1準拠
お問い合わせ
リンク
サイトのご利用について
セキュリティーポリシー

 

HOME»  REUSE

食品機械用(搬送用)ホース

 

ステンレスタンクの更新や廃棄処分をお考えの前に、既存ステンレスタンク・容器再生複合技術『リユース』を思い出してください。長年使用したタンクが新規品の10~40%の費用で復元・再生・高品質化がはかれます。

 

各種ステンレスタンク再生リユース技術の5大特長

1.自由度の高い施工性
 
施工場所や大きさは選びません。現地施工が出来ますので移動不可能な大型の設備でも再生できます。
 
2.ナノレベルの高品質
 
豊富な実務経験により、ナノメーターレベルの平滑性のある研磨面が得られます。
 
3.比較経済性の低コスト
 
新規設備導入費に比較して60~90%のコストダウンが図れる。
 
4.短納期での再生、復元
 
短納期で復元できますので、生産停止によるダメージを軽減できます。
 
5.地球にやさしい低環境負荷
 
3R(Reuse Recycle Reduce)の観点から資源の有効利用に貢献できます。

 

電解研磨と機械的研磨。リユースは両方を兼ね備えています。

従来の電解研磨を卓越したその性能。業種を問わず様々な用途でのご利用が期待できます。

 

再生複合電解研磨とは
     
イ オン単位の除去作用を持つ電解作用に砥粒による微小切込み作用を補助させたもので、ミクロン凸部の不動皮膜を砥粒により除去するとその部分では電解が集中して金属の溶出が盛んに起こり、表面的な粗さは急速に改善されます。不動体皮膜が形成された表面をさらに研磨していくことによって従来困難だったナノレベルまでの鏡面研磨がかのうになります。
     
     
従来の浸漬電解研磨ではミクロ凸部が減少したRy1.0μmが限界点で、更に継続すると光沢が失われ白っぽくなり表面が粗くなります。逆に鏡面状態の表面を処理する場合、極めて短時間での処理にとどめないと同様になり、電解研磨としての特性は期待できません。

 

再生複合電解研磨の流れ